hinode

一般向け情報

研究者向け情報

その他

National Institutes of Natural Sciences

「ひので」衛星、太陽極域に強い磁場を発見!

2010年3月9日
自然科学研究機構 国立天文台
宇宙航空研究開発機構
米国航空宇宙局 (NASA)
英国科学技術会議 (STFC)
欧州宇宙機関 (ESA)


発表概要

国立天文台を含む日米欧国際研究チームは、太陽観測衛星「ひので」に搭載された可視光・磁場望遠鏡により、これまで困難であった太陽極域の磁場の観測を行い、太陽の極域には、黒点並みの1000ガウス(0.1テスラ)を超える強い磁場が存在することを発見しました。この成果は、「ひので」衛星によって鮮明な太陽極域の画像を取得することに、世界で初めて成功した結果もたらされたものです。観測の結果、今回発見された磁場は、斑点状の形状をしており、太陽の極域全域に存在します(図参照)。これらの斑点状磁場は、大きさと寿命が黒点に比べて非常に小さいという特徴があります。「ひので」衛星による観測結果が明らかになる前は、太陽極域には広がった弱い磁場しか存在しないと考えられていました。つまり、今回の研究成果は、これまでの太陽極域に対する認識に変更を迫る極めて重要な結果と言えます。

太陽の極域の観測は、今後の太陽活動を予測する上でも極めて重要です。太陽活動は予想以上に静穏な状態を続けており、研究チームは、「ひので」衛星による太陽極域の精密観測を重点項目として継続しています。研究チームは、今後の「ひので」衛星による継続的な観測により、太陽フレアや地磁気擾乱などを引き起こす黒点の形成や、太陽風を高速に加速するメカニズムなどを解明したいと考えています。さらに、「ひので」衛星の観測データに基づいた研究から、太陽活動周期や太陽の地球環境への影響の理解が進むと期待しています。

これらの研究成果は、2008年12月1日発行のアストロフィジカルジャーナルと 2009年11月20日発行のアストロフィジカルジャーナルレターに掲載されました。


発表資料

配布資料[PDFファイル]

画像資料(発表資料からの抜粋)

画像をクリックすると大きな図が表示されます。
  • 図1: 強磁場斑点から伸びる磁力線

    Shiota et al. (NAOJ/JAXA/STEL)
    (この図版のクレジットは 「NAOJ/JAXA/STEL」 でお願いします。)
  • 図2: ひので可視光・磁場望遠鏡で観測した太陽極域の磁場
    画像は南極を上から見たように座標変換してある。低緯度領域で発生する黒点とは違い、小さいが強い磁場が点在している。
    図2a カラー

    図2b 白黒

  • 図3: 「ひので」X線望遠鏡でのコロナ活動と可視光・磁場望遠鏡での磁場との合成図
    図3a X線望遠鏡画像

    ムービー (1024x640,mpeg1)
    図3b 合成像 カラー:薄い黄色がX線望遠鏡で観測したコロナ

    ムービー (1024x640,mpeg1)
    図3c 合成像 白黒

  • 図4: 今回の発見による太陽磁場像の変化
  • 図5: 「ひので」と従来の観測装置の比較

参考文献

  • Tsuneta, S.; Ichimoto, K.; Katsukawa, Y.; Lites, B. W.; Matsuzaki, K.; Nagata, S.; Orozco Suarez, D.; Shimizu, T.; Shimojo, M.; Shine, R. A.; Suematsu, Y.; Suzuki, T. K.; Tarbell, T. D.; Title, A. M. "The Magnetic Landscape of the Sun's Polar Region" The Astrophysical Journal, 2008, Volume 688, Issue 2, pp.1374--1381.
  • Shimojo, M.; Tsuneta, S. "The Relation Between Magnetic Fields and Coronal Activities in the Polar Coronal Hole" The Astrophysical Journal Letters, 2009, Volume 706, Issue 1, pp. L145--L149
  • Itoh, H.; Tsuneta, S.; Shiota, D.; Tokumaru, T.; Fujiki, K. "Is the Polar Region Different from the Quiet Region of the Sun?" The Astrophysical Journal, 2010, submihed
  • Shiota, D., Tsuneta, S., Ito, H., Kusano, K., Nishikawa, N., Suzuki, T.K. "Fine Structure in Three Dimensional Magnetic Field in Polar Region" Proceeding of Hinode-3 Science Meeting,submitted
当ページの画像、映像について
  • 個人のご利用はご自由にできます。
  • 学校その他の教育機関における授業や試験問題へのご利用、天文学の広報普及活動を目的とするご利用は、ご自由に行えます。お使いになる際は、 『国立天文台/JAXA 提供』の記載を御願いします。
  • 新聞社、テレビ局などの報道機関による報道資料としてのご利用は、『国立天文台/JAXA 提供』のクレジットの明記をお願いします。なお、掲載記事の PDF ファイル(もしくはウェブの場合はURL、テレビの場合は番組名、放映時間など)を事後でも結構ですので御連絡いただけると幸いです。連絡は press (at) hinode.nao.ac.jp ((at) は @に置き換えてください) にお願いします。

国立天文台 ひので科学プロジェクト 2010.3.9