hinode

一般向け情報

研究者向け情報

その他

National Institutes of Natural Sciences

3月19日の部分日食 〜宇宙では皆既日食〜
「ひので」衛星の観測した皆既日食


太陽観測衛星「ひので」は、日本時間 2007年3月 19日 11時55分(世界時 では 2時55分)に軌道上で起きた皆既日食を観測しました。この日食は 地上では最大食分 80% の部分日食ですが、地上 680km を周回するひので 衛星軌道は皆既日食になります。

今回公開するものは、太陽全面を観測できる X線望遠鏡 での画像、映像、及び可視光・磁場望遠鏡の観測画像です。 日食の観測データは、一般の方々の関心も高いので、太陽の観測や 天文学につての広報・普及活動の一環として発表することにしました。 科学的には主に観測機器の散乱光の影響の度合を調べたり、 画像の解像度の評価に使用されます。

  • XRTによる日食ムービー
    日食ムービー(mpeg)
    日食ムービー(mpeg,カラー)
    カラー版は白黒の観測データにカラーマップを変えて色を付けたものです。
  • XRTによる日食画像
    左右は同じ時刻のデータでカラーマップを変えた画像です。
    クリックすると実観測サイズ(512x512)の画像が表示されます。
    2:53:04(UT)
    皆既中 2:55:40(UT)

  • SOTによる日食画像
    衛星を太陽中心を向けていたため、月が太陽中心を通り過ぎる 瞬間の画像です。
    2:52:06
    2:52:06 カラー
    2:59:22
    2:59:22 カラー
  • 食分予想図

    協力: 相馬 充(国立天文台)

今回の日食では、皆既日食の前後のパスで部分日食が起きて います。それらのSOT観測についてまとめたページを こちらに用意しました。

当ページの画像、映像について
  • 個人のご利用はご自由にできます。
  • 学校その他の教育機関における授業や試験問題へのご利用、天文学の広報普及活動を目的とするご利用は、ご自由に行えます。お使いになる際は、 『国立天文台/JAXA 提供』の記載を御願いします。
  • 新聞社、テレビ局などの報道機関による報道資料としてのご利用は、『国立天文台/JAXA 提供』のクレジットの明記をお願いします。なお、掲載記事の PDF ファイル(もしくはウェブの場合はURL、テレビの場合は番組名、放映時間など)を事後でも結構ですので御連絡いただけると幸いです。連絡は press (at) hinode.nao.ac.jp ((at) は @に置き換えてください) にお願いします。

国立天文台SOLAR-B推進室 2007.3.19