hinode

一般向け情報

研究者向け情報

その他

National Institutes of Natural Sciences

米科学誌"Science"等における「ひので」特集号の発行について

2007年12月7日
自然科学研究機構 国立天文台
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
米国航空宇宙局 (NASA)
英国素粒子物理学・天文学研究会議 (STFC)
欧州宇宙機関 (ESA)


昨年9月23日に打ち上げられた第22号科学衛星「ひので」(SOLAR-B)は、搭載され た3台の望遠鏡装置(可視光・磁場望遠鏡、X線望遠鏡、極端紫外線撮像分光装置)に より、これまでに全く知られていなかった新しい現象の発見をはじめ、太陽の研 究に大きなインパクトを与える観測を次々と行っています。

このたび「ひので」の成果が12月7日発行の米科学誌「サイエンス」で特集され、 9編の論文が発表されて表紙も飾る運びとなりました。これは、小惑星探査機「は やぶさ」の成果が2006年6月2日号で特集され表紙を飾って以来の画期的なことで す。また、これと前後して、日本天文学会欧文研究報告の11月30日号や、 Astronomy and Astrophysics (ヨーロッパを代表する天文学の学術雑誌)でも 「ひので」特集号が発行されます。

今回の記者会見では、「ひので」の近況をはじめ、これらの「ひので」特集号 に掲載される主要な成果・ハイライト論文2編を画像やムービーを交えて紹介し、 「ひので」により明らかとなった新しい太陽像について報告します。

「サイエンス」誌「ひので」特集号 掲載論文とその要旨一覧

以下の写真をクリックすると拡大した画像が表示されます。

「ひので」の近況と成果の概要

常田 佐久(国立天文台・教授)

「ひので」は打ち上げ後ほぼ1年間の観測で、太陽物理学の分野を大きく 書き換える数々の重要な成果をあげています。「ひので」衛星の近況、 「ひので」がもたらした科学研究の広がり、各論文誌の特集号をはじめとした 成果の出版状況などを報告し、これまでに得られた「ひので」の科学的成果の 全体像を紹介します。

  • プレゼンテーションファイル.. pdf HTML

解説(1) 太陽風の源を「ひので」により初めて同定。太陽風の加速機構に迫る

坂尾太郎 (宇宙航空研究開発機構・准教授)

写真1: 「ひので」X線望遠鏡がとらえた太陽活動領域 (黒点など磁場の強い領域)の上空のコロナ。JAXA/国立天文台(アルファベット順)

写真1は、「ひので」X線望遠鏡がとらえた太陽活動領域(黒点など磁場の強い領域) の上空のコロナ(太陽大気)です。図中の白線の円で囲った場所から、 コロナ中のガスが磁力線(図中に見える筋状の構造)に沿って、秒速140キロ前後で 絶えず上空に流れ出ているのが見つかりました。この領域から左上の薄暗い領域に 向かってのびる磁力線は、太陽表面に戻って来ずに、宇宙空間へと伸び出している ことが磁場観測から示唆されています。今回見つかったガスの流れは、 この伸びだす磁力線に沿って太陽から吹き出し、我々の太陽系を満たしている 太陽風の源となっていると考えられます。 太陽風は地球にも大きな影響を与えるため重要な研究対象ですが、 「ひので」はこの太陽風の吹き出しの様子を初めてとらえたのです。


  • プレゼンテーションファイル .. pdf HTML
  • 高解像度画像

    JAXA/国立天文台(アルファベット順)
    画像をクリックするとオリジナルサイズの画像(512x512)が表示されます。
  • ムービー
    画像をクリックするとムービーが再生/取得できます。

    JAXA/国立天文台(アルファベット順)
    MPEG-1, 512x512, 9.5MB
    拡大ムービー

    JAXA/国立天文台(アルファベット順)
    MPEG-1, 240x360, 9.5MB

解説(2) コロナの加熱に重要な役割を果たすアルベン波を「ひので」により発見

岡本丈典 (国立天文台・特別共同利用研究員)

写真2: 「ひので」可視光磁場望遠鏡がとらえた黒点上空の太陽大気中の波動の様子。 JAXA/国立天文台(アルファベット順)

写真2は、「ひので」可視光磁場望遠鏡による黒点上空の太陽大気の観測結果です。 太陽の縁(図の中央付近を横方向に走る円弧状の線)の上空には、プロミネンスと 呼ばれる、高温コロナ中に浮かぶ低温ガスのかたまり(水平方向にのびる雲のような 形状をした部分)が見えています。観測データに基づく動画を解析すると、 プロミネンスのガスは、上下に波打っている事が分かりました。これは、 磁力線に沿って伝わる横波(アルベン波)を見ているものと考えられます。 従来より、磁力線を伝わる波のエネルギーによって電子レンジのようにコロナを 加熱しているとの説がありましたが、 「ひので」は太陽大気でのアルベン波を初めて検出したのです。 今回の発見は、太陽物理の大きな謎であるコロナの 加熱の問題(6000度の太陽が100万度のコロナを加熱維持できる理由) を解決するための鍵となると期待されます。


  • プレゼンテーションファイル .. pdf HTML
  • 高解像度画像
    白黒

    JAXA/国立天文台(アルファベット順)

    カラー(着色)

    JAXA/国立天文台(アルファベット順)
    画像をクリックするとオリジナルサイズの画像が表示されます。
  • ムービー

    JAXA/国立天文台(アルファベット順)
    MPEG-1, 1024x512, 5.69MB

参考資料

記者発表概要 (pdf)

参考リンク
Science Magazine Japan
京都大学での記者発表: 「ひので衛星によって発見された彩層アネモネ型ジェットについて」

当ページの画像、映像について
  • 個人のご利用はご自由にできます。
  • 学校その他の教育機関における授業や試験問題へのご利用、天文学の広報普及活動を目的とするご利用は、ご自由に行えます。お使いになる際は、 『JAXA/国立天文台(アルファベット順)』の記載を御願いします。
  • 新聞社、テレビ局などの報道機関による報道資料としてのご利用は、『JAXA/国立天文台(アルファベット順)』のクレジットの明記をお願いします。なお、掲載記事の PDF ファイル(もしくはウェブの場合はURL、テレビの場合は番組名、放映時間など)を事後でも結構ですので御連絡いただけると幸いです。連絡は press (at) hinode.nao.ac.jp ((at) は @に置き換えてください) にお願いします。

国立天文台 ひので科学プロジェクト 2007.12.7