(ちょっとずつ改訂中)
ひので科学プロジェクト 常田研究室


研究テーマ

 太陽観測衛星「ひので」による、太陽の電磁流体現象の観測的・理論的研究を行っている。
 「ひので」衛星は、驚くべき観測データをもたらしつつあり、天体電磁流体力学を一新する成果が出ている。 衛星より得られる最新の観測データを用いて、磁場の生成・輸送と消滅の機構、 ナノフレアやアルベン波によるコロナの加熱機構、太陽風の加速、ダイナモ機構や太陽フレア、 磁気リコネクションや乱流・衝撃波の素過程の研究が大きく進展する千載一遇の機会である。
 太陽は、多彩な電磁流体現象が直接観測できる唯一の観測対象であり、星や宇宙における磁場の役割の理解につながる。
 また、当研究室は、「ひので」の可視光望遠鏡、「ようこう」の軟X線望遠鏡、 観測ロケットや気球搭載装置など新しい知見をもたらす新規性の高い観測装置の開発の世界的拠点である。 現在は、NASAと共同で紫外線輝線の偏光とHanle効果を用いた観測ロケット実験を推進している。


教授・常田佐久

 新しい観測装置の開発なくしてサイエンスの発展はありません。 これからの天文学は、スペースからの観測の比重がますます高まります。 日本の宇宙科学の発展のためにも、スペース天文学の素養を身につけた学生をもっと必要としています。 天文のもっと多くの学生が、飛翔体観測プロジェクトに関わるようになることを希望しています。
 私にとっては、天文学を行うということは、観測装置の開発から始まります。 新しい装置による観測がなければ、本当に新しいことはできません。 また、本来の目的である天文学と観測装置の開発経験の両方がなければ、どのような装置を作れば新しい発見ができるのか見えてきません。
 近年の飛翔体観測装置は複雑化し、サイエンスと観測装置の開発は、ある程度分業せざるを得ないと主張する人もいます。 しかし、この研究室では、(国内外の多くの人・グループと協力して)自分で装置を開発し、観測し、観測結果から新しい事実を見つけ、 それを説明する理論を構築するところまでやります。少なくともそういう意気込みでやっています。 そして1サイクルしたあと、次の世代の観測装置の開発に取り組みます。
 しばしば、開発を行う人はサイエンスがおろそかになる傾向がありますが、 苦労して開発した装置の成果はまず自分で刈り取らないと、未来はないし、おもしろくもないと思います。 私自身は、新しい観測装置のデータを苦労して解析し、新しいことを発見したときが最も心躍る瞬間です。 飛翔体搭載装置を開発する人は、単に観測して論文を書く人の数倍大変です。 しかし、そうしなければ絶対に新しいことはできないというのが私の信念です。


連絡先

研究内容に興味のある学生は、御遠慮なく連絡を下さい。

研究室 国立天文台 中央棟(北)3階 303号室
研究室電話 0422-34-3720
研究室ファックス 0422-34-3700
電子メール saku.tsuneta nao.ac.jp


ひので科学プロジェクト