• TOP
  • 最新情報
  • お知らせ
  • 「ひので衛星といっしょに太陽を観測しよう2016」 ~2016年7月23日から30日,8月15日から20日に実施~

お知らせ

「ひので衛星といっしょに太陽を観測しよう2016」 ~2016年7月23日から30日,8月15日から20日に実施~

 「ひので衛星といっしょに太陽を観測しよう」(略して、ひのでといっしょ) は2010年以来、毎年夏(7-8月)と冬(12月)に行っているひので衛星と中高生 (及び科学館・公開天文台など)との共同観測キャンペーンです。 今年は、 2016年7月23日(土)から30日(土),8月15日(月)から20日(土) に行います。

 ひのでの観測データは、研究だけでなく教育目的にも利用することが奨励されています。共同観測の期間には、中高生たちが観測している正午付近の時間帯に、ひので衛星で太陽の活動領域や全面像を観測します。この機会に、中高生たちが科学クラブなどの課外活動で行っている日頃の太陽観測結果と、 ひので衛星のX線や可視光の観測画像を比較し、自身の研究活動に役立てることを目指しています。これまで 25の学校と施設から観測報告がありました。参加した学校の中には、観測結果を各府県の学生科学賞・クラブ発表会などで発表しているところもあります。以下の写真は、昨年の「ひのでといっしょ」に参加した埼玉県立浦和西高等学校が、日本天文学会春季年会ジュニアセッション(場所:首都大学東京)で発表したときのものです。

 この共同観測は、海外の太陽研究者からも高く注目されています。
 今、黒点の出現がめっきり減っていますが、この機会に、「こうなったら、(たまに出る)小さな黒点付近を、ひのでのX線でとことん比べてやろう」「プロミネンスがまだまだ見えてるから、X線画像と比べてみるのも面白いかも」と、いろいろ着眼点はあると思います。
 太陽をひのでといっしょに観測することで、充実した研究活動を行うことを期待しています。また、科学館・公開天文台は展示活動に、学校教員の方は学校授業等に活用していただければと思います。

詳しくは、以下のホームページをご覧下さい。
http://hinode.nao.ac.jp/user/yaji/hinode/issho/
(English version)
http://hinode.nao.ac.jp/user/yaji/hinode/issho/index_e.html
(参考)
HOP173「EPO campaign observation mainly for high school students」
http://www.isas.jaxa.jp/home/solar/hinode_op/hop.php?hop=0173
(英語のページです)

DSC_4854a.jpg
埼玉県立浦和西高等学校の日本天文学会ジュニアセッションの口頭発表の様子(©埼玉県立浦和西高等学校)
DSC01107a.jpg
埼玉県立浦和西高等学校の日本天文学会ジュニアセッションのポスター発表の様子(©埼玉県立浦和西高等学校)

当ページの画像、映像のご利用については、こちらをご覧ください。当ページの画像、映像でクレジットが明記されていないもののクレジットは『国立天文台/JAXA』です。当ページ内の、クレジットが『国立天文台/JAXA』、『国立天文台/JAXA/MSU』および『国立天文台、JAXA、NASA/MSFC』である著作物については、国立天文台が単独で著作権を有する著作物の利用条件と同様とします。著作物のご利用にあたっては、クレジットの記載をお願いいたします。なお、報道機関、出版物におけるご利用の場合には、ご利用になった旨を事後でも結構ですのでご連絡いただけますと幸いです。ご連絡はpress(at)hinode.nao.ac.jp((at)は@に置き換えてください)にお願いいたします。

page top