• TOP
  • ひので科学プロジェクト

ひので科学プロジェクト

沿革

1997年10月に「ひので」 (SOLAR-B)衛星の開発を主任務として 発足した"SOLAR-B推進室(B-プロジェクト)"は、 ひので衛星の打ち上げ成功および観測装置の定常観測開始をもって、 プロジェクトの目的を完遂しました。 これに伴い、"SOLAR-B推進室"は2007年4月末をもって終了し、 ひので衛星データによる科学的成果を最大化するためのプロジェクト "ひので科学プロジェクト(C-プロジェクト)"に移行しました。

ミッション

ひので科学プロジェクト(英語名:Hinode Science Center)は以下を 目的として活動を行なっていきます。

  • ひので衛星の科学運用を長期的・安定的に、 JAXAと協力しながら実施すること。
  • ひので衛星の産み出すサイエンスを最大にするため、 国内外のコミュニティを対象にした共同利用を展開すること。
  • ひので衛星サイエンスの国際的COEとして、 重要な科学的成果を継続的に発信すること。
  • ひので衛星を生かした天文学・宇宙科学の広報活動を推進すること。

今後も、皆様のご支援をお願いします。

page top