開発状況

可視光望遠鏡・望遠鏡部(OTA)フライト品の外観完成

image002 (1) 2.jpg

 Solar-B衛星の中心に搭載される可視光望遠鏡の主望遠鏡部(Optical Telescope Assembly, OTA)の一通りの組立が行われ、望遠鏡の外観が完成した(2004/3)。第一次光学調整を終えた後に、熱・電気計装やカバーがフライト品設計通り取り付けられた。国立天文台の高度環境試験棟内大型クリーンルームにて。今後、望遠鏡の性能調整や環境試験などが続けられる。

                               (清水敏文記, 2004/04/20)

当ページの画像、映像のご利用については、こちらをご覧ください。ただし、当ページの画像、映像のクレジットは、特に明記されたものを除き、『国立天文台/JAXA』です。画像、映像をご利用の際には、クレジットの記載をお願いいたします。

page top