開発状況

可視光望遠鏡・望遠鏡部(OTA)フライト品の外観完成

image002 (1) 2.jpg

 Solar-B衛星の中心に搭載される可視光望遠鏡の主望遠鏡部(Optical Telescope Assembly, OTA)の一通りの組立が行われ、望遠鏡の外観が完成した(2004/3)。第一次光学調整を終えた後に、熱・電気計装やカバーがフライト品設計通り取り付けられた。国立天文台の高度環境試験棟内大型クリーンルームにて。今後、望遠鏡の性能調整や環境試験などが続けられる。

                               (清水敏文記, 2004/04/20)

当ページの画像、映像のご利用については、こちらをご覧ください。当ページの画像、映像でクレジットが明記されていないもののクレジットは『国立天文台/JAXA』です。当ページ内の、クレジットが『国立天文台/JAXA』、『国立天文台/JAXA/MSU』および『国立天文台、JAXA、NASA/MSFC』である著作物については、国立天文台が単独で著作権を有する著作物の利用条件と同様とします。著作物のご利用にあたっては、クレジットの記載をお願いいたします。なお、報道機関、出版物におけるご利用の場合には、ご利用になった旨を事後でも結構ですのでご連絡いただけますと幸いです。ご連絡はpress(at)hinode.nao.ac.jp((at)は@に置き換えてください)にお願いいたします。

page top