開発状況

X線望遠鏡(XRT):熱真空試験が終了 2004年5月

image002 (2) 2.jpg

図1:熱真空試験用に組み立てられる途中のX線望遠鏡(XRT)

NASAゴダードスペースフライトセンターにおいて今年1月から行なわれていた、X線望遠鏡(XRT)の熱真空試験が無事終了した。熱真空試験は、宇宙空間での熱的環境を模擬し、望遠鏡が正常に動作するかを確かめる試験である。この試験を無事通過したXRTは、日本・JAXA/ISASに運び込まれ、7月から始まる第一次噛み合わせ試験で衛星に取り付けられ、衛星と組み合わせた上での動作試験を受ける予定である。

image004 (1) 2.jpg

図2:熱真空試験用チェンバーの前で準備中のXRT

image006 2.jpg

図3:熱真空チェンバー内でのXRT。
   鏡筒最終端に接続された、日本側担当のXRTカメラ部が見えている。

当ページの画像、映像のご利用については、こちらをご覧ください。ただし、当ページの画像、映像のクレジットは、特に明記されたものを除き、『国立天文台/JAXA』です。画像、映像をご利用の際には、クレジットの記載をお願いいたします。

page top