開発状況

X線望遠鏡(XRT):熱真空試験が終了 2004年5月

image002 (2) 2.jpg

図1:熱真空試験用に組み立てられる途中のX線望遠鏡(XRT)

NASAゴダードスペースフライトセンターにおいて今年1月から行なわれていた、X線望遠鏡(XRT)の熱真空試験が無事終了した。熱真空試験は、宇宙空間での熱的環境を模擬し、望遠鏡が正常に動作するかを確かめる試験である。この試験を無事通過したXRTは、日本・JAXA/ISASに運び込まれ、7月から始まる第一次噛み合わせ試験で衛星に取り付けられ、衛星と組み合わせた上での動作試験を受ける予定である。

image004 (1) 2.jpg

図2:熱真空試験用チェンバーの前で準備中のXRT

image006 2.jpg

図3:熱真空チェンバー内でのXRT。
   鏡筒最終端に接続された、日本側担当のXRTカメラ部が見えている。

当ページの画像、映像のご利用については、こちらをご覧ください。当ページの画像、映像でクレジットが明記されていないもののクレジットは『国立天文台/JAXA』です。当ページ内の、クレジットが『国立天文台/JAXA』、『国立天文台/JAXA/MSU』および『国立天文台、JAXA、NASA/MSFC』である著作物については、国立天文台が単独で著作権を有する著作物の利用条件と同様とします。著作物のご利用にあたっては、クレジットの記載をお願いいたします。なお、報道機関、出版物におけるご利用の場合には、ご利用になった旨を事後でも結構ですのでご連絡いただけますと幸いです。ご連絡はpress(at)hinode.nao.ac.jp((at)は@に置き換えてください)にお願いいたします。

page top